HOME>記事一覧>選ぶときに知っておくと役に立つ基本的な知識

目次

響板とフレームに欠陥はないか

演奏

中古ピアノの選び方のポイントとしてまず挙げられるのは、「響板とフレームに欠陥(ひび割れなど)がないかどうかを確認する」ということです。響板に欠陥があるとノイズが発生しますし、フレームに欠陥があると調律が不可能になります。これらの欠陥は目で見ても分からないので、実際にピアノを弾いて確認する必要がありますが、その際にノイズがあったり響きが良くないと感じた場合は、避けたほうがよいでしょう。

好きな音色やタッチのものを選ぶ

2つ目の、中古ピアノの選び方のポイントは、「自分の好きな音色やタッチのものを選ぶ」ということです。これも実際にピアノを弾いてみないとわからないので、店員に断ってから、気になるものをいくつか弾いて確認するとよいと言えます。

広告募集中